2012年02月01日

『完全図解 顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本』

完全図解 顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本 東京医科歯科大学 顎関節治療部部長が書いた (健康ライブラリー図解シリーズ)今夜のテレビ朝日『みんなの家庭の医学』でTCHという癖が紹介されました。上下の歯をいつも接触させる癖Tooth contacting Habit、略してTCHだそうです。

そのTCHが肩こりの原因の一つだということでした、番組では。さらに口が開けづらくなる顎関節症の原因にもなるとのこと。一時期口を開けづらくなったり顎がカクカクなったこともありました。たしかにTCHがあったようです。かみしめもありました。

自分だけでなく、知り合いにもそういう人がいました。そんなこんながあって、この本を手にしたのが昨年末でした。けっこう面白かった、というか意外な内容だったので驚きました。これまでにも顎関節症の本は何冊か読んだのですが、これがいちばんすんなりと入ってくる感じでした。納得できるというか。

顎が痛いとか、口が開けづらいといって、歯医者に行ったときに、すぐに噛み合わせの調整と言って歯を削るのは危険です。そのせいでおかしくなることも。原因は噛み合わせじゃないんです。

いや、正確には噛み合わせも原因の一つにはなりうるけれど、最初に手をうつべきところは違うということ。削った歯をもとには戻りませんから。うーーん。ちょっとおすすめです。

自分のTCHの問題については『気診で元気!』の小倉先生の指導で、改善はされていました。まあ、TCHなんて言葉は使ってませんでしたが、言ってるこてゃ同じことですね。
posted by 3smallwords at 02:35| Comment(3) | 口臭、歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

オーラル宝田メソッド―10歳きれい!10年後もきれい!

オーラル宝田メソッド―10歳きれい!10年後もきれい!

ひきつづき宝田先生の本。


『くちびる美人ダイエット―5つのエクササイズで顔も体もひきしまる』から数年たって執筆されたもので、エクササイズの種類が増えて、いま風にきれいなカラー写真で解説されてます。

なによりも前にはなかった著者の写真がバーン!と表紙になっております。ちょっとやりすぎでは、の感も否めませんが。最近の女性向けの本はこういうパターンが多いですね。前の本は控えめで良い感じがしたのですが。まあ、出版社の意向なんでしょうけどねえ。

中身は写真が多いこともあり、わかりやすくて良いなあ、と思いましたよ。続きを読む
posted by 3smallwords at 02:36| Comment(0) | 口臭、歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『くちびる美人ダイエット―5つのエクササイズで顔も体もひきしまる』

くちびる美人ダイエット―5つのエクササイズで顔も体もひきしまる

これもかなーり前に読んだ本。くちびる力をつけることで小顔になるし、口呼吸を鼻呼吸にかえる。とかいろいろ。著者は歯科医の宝田恭子先生。

この本を読んだあと、宝田先生は『うたばん』とか『金スマ』とかTVでおみかけするようになり。ついには『徹子の部屋』にまで出演。すごいなあ。

この先生ももとはパタカラを使ってくちびるの筋力の強化をしてたそう。でも、器具を使わずいつでもできるものを、ということで独自に編み出したくちびる力をつけるエクササイズが紹介されてます。

このエクササイズが前に書いた義母にやってもらったエクササイズなのです。知り合いのシェーグレン症候群(ドライマウス、ドライアイなどの症状をきたす病気)と診断された方も、このエクササイズを教えたら、けっこう改善しましたよ。


続きを読む
posted by 3smallwords at 02:13| Comment(0) | 口臭、歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

『きれいな息の作り方』

口臭って気になりますか?

Amazon.co.jp:キレイな息のつくり方―仕事も、恋も、人生も、これできっとうまくいくエクセレント・ブレス・バイブルアスカビジネス: 本
最近はCMの影響もあってか、エチケットの一部として気にしてる人も多いよう。実際、会話しても口臭を気にしてる人がけっこういるように思える。一般には虫歯とか、歯周病など口の中の問題から(もちろん歯磨きしてないとか)口臭が起こるような感じはする。あとは内蔵、とりわけ胃腸の病気から匂いを発することもあるとよく聞く。

そういう病的な口臭っていうのは、適切な処置によっていくらでも解決できそうです。他人から明らかに分かるような口臭ですね。でも、そういうのは実は少ないですね。というか、そんな他人からもわかるような口臭を発してる人は本人が気にしてませんから、悩むことはないでしょう。近くにいる人が不愉快でしょうが。

最近多いのは自臭症とかいわれる本人だけが気になる口臭です。おおかたは他人に気づかれないようなものなのですが、本人はその臭いが気になってしょうがないというもの。大きな病院に行ってもそれは本人の精神的なものとして、自臭症なんて病名(?)がついてるわけです。

でもね、実際本人が気になってるのはたしかに臭いを感じるからなんだよ。というのがこの本のすごいとこ。他人からはわからないものでも本人は気になる。それを科学的、というか納得できる形で解決してくれる。

この本は読むだけでも楽しいのだけど(ほんとに自分の口臭を気にしてる人はそれこそ救われるのでは)、実際この本に書いてあることを実践すると、口臭だけではなくて、虫歯とか歯周病さえも予防できる。キーワードは唾液だ。唾液にはすごいパワーが。こう書くと安っぽいか。ごめんなさい。これはぼくのちから不足。

そんな本の感想だけではそのすごさがわからない人は著者の経営する歯科医院のHPをごらんください。口臭で悩んでる人は勇気が出ますよ。続きを読む
posted by 3smallwords at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 口臭、歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ティースジュエリーってなに????

テレ東の『給与明細』っていう番組である。ネイルアートみたいな感じでティースアートをやる歯科医の紹介だ。アメリカではポピュラーだそうだ(番組ではマドンナの名もあがってた。ほんとにやってるの?)。ホワイトニングとかは日本でもポピュラーだが、審美歯科(機能だけじゃなくて、みためにもきれいに、という考えで行われる治療?)ってのがさらに高まって歯にジュエリーを!ってのが。どうなんでしょ。

歯は治療するほど寿命が短くなるって話もある。まあ、番組で紹介されてるのは歯を削らずに、それこそネイルなみにボンドで(正確な名称はわからんが)くっつける、で、2ヶ月くらいはもつという。食事はどうなの?とか心配も多いところ。とりあえず普通の歯よりはプラークたまりそう。ありえね。

韓国の人とかではかなりポピュラーそう。仕事で会う韓国の人の話による。日本ではそういうのやる人はまずいない。やってるとこも聞かない。でもあるのか。ありえね。

昔は金歯ってのが前歯でもあったけど、さすがに今あんまり見ないよねえ。自然な白い歯が一番ってことで。いまの保険診療では前歯のみ白い歯はOKなわけだけど。より自然に、ってことで奥歯に保険のきかない自費の白い歯を入れる人が増えている。なのに、金歯と同じくらい不自然なジュエリーをつけた前歯って。まあ、人それぞれ、つかお好みなので。言うことなしだな。こんな流行りよりは、「予防歯科をはじめましょう」みたいな。虫歯とか歯周病をなくすほうが先では?
posted by 3smallwords at 00:59| Comment(3) | TrackBack(2) | 口臭、歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。