2010年09月15日

『ポテチを異常に食べる人たち~ソフトドラッグ化する食品の真実~』

ポテチを異常に食べる人たち~ソフトドラッグ化する食品の真実~

「XXだけはやめられないのよ」なんて言う人はけっこういると思います。それがお酒だったり甘いものだったり。その「XX」がポテトチップスだという人もいるのです。たしかに一袋あけたらあっという間になくなってしまうことはあるもの。そういう罠がポテトチップスには潜んでいるのです。

『夜中にチョコレートを食べる女性たち』でも描かれた食物への依存症ともいえる症状。いや、食物に限りません。タバコしかり、お酒しかり。人間ってものはにかしらに依存、というかはまるものなのです。とくに大人は。合法的なソフトドラッグとでもいうものが必要なのです。「わかっちゃいるけどやめられない」そういうものが必ず誰しもひとつはあるものなのです。

それでも、だからといって無制限に摂取するのは危険。要はつきあいかたなのでしょう。いろいろ考えさせられる記述が多いです。体に悪いからと言って無闇にやめさせればいいと言うものではありません。ヒトはパンのみで生きられるものではないのですから。心の栄養も必要なのです。

あまりにもストイックな食事療法をすすめる健康本もありますが、人間の根っこの部分を捉えている幕内秀夫の本には深みがあります。あれもダメ、これもダメでは生きていけないのが人間です。優しい人だなあ、と思います。
posted by 3smallwords at 02:33| Comment(0) | 粗食のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

『ごはん美人のススメ 女性のための粗食生活』

ごはん美人のススメ 女性のための粗食生活
これは幕内秀夫の女性向けの本。かなり前に読みました。

近年、乳がんだとか、子宮内膜症だとか女性特有の病気が増えている。それは食生活のせいだよ、と教えてくれる本。

女性はパスタだとかチョコレートだとか洋物が大好き。パンとかね。そういった食生活が婦人病を招いているんだよ。そういうお話。

男性もそうそうほめられた食生活ではないんだけど、圧倒的に違う部分がある。それは女性がご飯を食べないことなんだ。ピンとこない人が多いんだろうなあ。

そういう人こそこの本を読んでほしい。

著者の幕内さんとは直接お話する機会を何度か得ているのだけども。

読んでほしい人はぜったい読まない。もうわかってる人しか講演会には来ない。なんてことを言ってました。はあああ。そんなもんなんでしょうなあ。そのためにいろいろ手をかえ品をかえ本を執筆してるんだそう。時にはちょっとえげつないとも思われるタイトルの本になったりもするそう。出版社の意向もあろうが。

続きを読む
posted by 3smallwords at 01:54| Comment(0) | 粗食のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

『「バランスのいい食事」が老化の原因だった!』

「バランスのいい食事」が老化の原因だった!ひきつづき、幕内秀夫の本。最近でたらしい。

内容的には『粗食のすすめ』とそんなに変わらないんだけど、アンチエイジングに的をしぼった感じか。前に読んだ本にもまして、米、みそ汁、漬け物を食え!と。

そうでもないか。で、さらに「いろいろある健康情報にまどわされないように!」というメッセージも。そういう視点での言い方が多いかも玄米に固執するのはデメリットが多いとか、フルーツばっかり摂るのはよくないとか。

逆に言いすぎかなあ、と思ったり。へんにその言い方に固執して間違った方向、極端に言えば、ほんとに白米ごはんとみそ汁と漬け物しか食べない人が出るんじゃないかと。そんなわけないか。そんな厳密な食生活のできる人なんかいるわけないしね。

いちばん心に残ったのは「食品には気を使うけど、食事には気をつけてない人が多い」というお話。どういう意味かはこの本を読んでみて!納得するよ。

この著者の本はいまのところ、どれを読んでも面白いのでいいなあ、と思う。日本人だしね。
posted by 3smallwords at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 粗食のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『粗食のすすめ』

粗食のすすめ
「子どもの食を考える」シリーズのとこでもけっこう書いた幕内秀夫の本、『粗食のすすめ』だ。

この人といえば、この本が基本なのではないだろうか(たぶん)。一日30品目とかいった、実現無理などうでもいい栄養学にふりまわされないで、日本人なら米を食え。食の基本は米とみそ汁と漬け物。これだけ食ってれば十分だ!

いいのか、それで。

基本はあってると思う。日本人の優れた食文化を忘れて、炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラルの各栄養素をまんべんなく摂るように。そんなのは間違いだ!ってお話。現代の病気だらけの状態を見ればわかるはず。

生活習慣病なんて昔はなかったわけだから。このお話は納得できるとこ多いなあ。

とはいうものの、「子どもの食」関連の本を先に読んだので。インパクトは弱かったかも。ちょっと薄まった感じ。読む順番によって、って話だけども。

粗食とはいうものの、その実、素食と呼んだほうがいいかも、って著者自身が言っている。これって『美味しんぼ』で読んだ覚えが。たぶんこの本のことが紹介されてたんだろう。うろ覚えだけど。
posted by 3smallwords at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 粗食のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。