2008年03月20日

『湯たんぽを使う」と美人になる―4つの筋肉を温めるのがコツ! 』

「湯たんぽを使う」と美人になる―4つの筋肉を温めるのがコツ!
湯たんぽを使って冷えをなおす、っていうお話。これもけっこう前に読みました。この著者の本は前に『体の冷え」をとって病気を治す! 』ってのを読んでます。冷えをとることが大事、っていう基本はかわりませんが、より実践的、というかわかりやすく、実践しやすいことを主題に書かれています。

とりあえず湯たんぽ!いさぎよい感じです。前の本にあったちょっと抵抗のあるドライヤーを使う方法などはなくなってます。あと、ちょっとひく人もいるかも、っていう気功のお話も今回の本ではなしです。がん患者さんの話も前ほど書いてません。

より万人向けになってます。自分で実践できることにフォーカスが。

前作を読んで、この本も読んで。かなり冷えには敏感に対処してるつもりではあります。夏でもお風呂入るし。まあ、寝るときはいつでも汗かくくらいなので僕自身は湯たんぽそんなに使わないですけども家族には使ってもらってます。かなりいいようです。なにより暖かい。この冬はとくに寒かったし。

体を暖めることは免疫力をあげることになります。いろんな不定愁訴がなくなったり、妊娠にもいいようです。夏場のクーラーはもちろんのこと、アイス好きとか、冷たい飲み物とか。現代だからこそ手に入るそういった体を冷やすものは極力さけたいもの。果物も東洋医学では体を冷やすものとして積極的に取るべきものではないようですし。夏ならスイカとかいいだろうけども。その季節に日本でとれる果物をそこそことる。それがいいのかも知れません。
続きを読む
posted by 3smallwords at 03:16| Comment(0) | 冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

『体の冷え」をとって病気を治す! 』

「体の冷え」をとって病気を治す! 効果バツグン!「湯たんぽ」と「爪もみ」でみるみる丈夫になる
春だというのに「冷え」のお話です。

帯には「免疫学の世界的権威 安保徹教授推薦!」とある。ほんとに世界的権威なのかどうなのか。その話は納得できる感じはあるのだけど、サイエンスの分野でほんとに認められてるんだろうか?文献的に、という意味で。まあ論文が全てではないのは百も承知だけども、この宣伝文句が妥当なのかどうなのか。

まあ、そういう出版社のアオリはよしとして。「冷え」が免疫力を落とす、っていう話はいろいろ読んだ本の中でも繰り返し言われている。いろんな職種の人が同じ答えを言っているのだ。きっと正しいのだと思う。医師、整体師、歯科医、健康ジャーナリスト、などなど。よくわからんが。

この本の著者は東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック講師、班目健夫。「冷え」が病気の原因であり、体を温めて免疫力を上げよう、というのがこの本の趣旨と思える。

ぼくはおなかを冷やすとすぐに痛くなったり下痢したりするので納得いくとこがある。アイスなんかも好んで食べることはないし。まあ、冷たいビールは別なのだけど。

で、この本ではそういう生易しい状態ではなくて、ガンの人のお話も。現代人の食生活、とくに冷房による「冷え」とか、冬でも好んでアイスを食べる習慣がどれだけ病気を生んでいるか、いわゆる不定愁訴も体を温めることで改善されると言う。うわーー、きっとほんとだと思うよ。

体を温める方法もいろいろ。とくに湯たんぽがいいと言う。ほかにもドライヤーを使ったりとか、食生活についての注意も。なるほど。今年はクーラー使いません!。うそ。東京の夏はクーラーなしでは逆に死にそうだものね。適度に。あ、扇風機はどうだろう。
posted by 3smallwords at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

『新・自分で治す「冷え性」』

新・自分で治す「冷え症」
この冬も2回風邪ひいた。

健康に興味が出て、いろいろ読んでるけど実践しないとこうなる。ストレスもあるけど「冷え」対策は万全だったのか。

まあ、この本は風邪とかいう話ではないんだけど。著者が女性なのであくまでも女性目線。女性向けの本だ。表紙のデザイン見ても男性が買うにはちょっとためらう感じだ。まあ、こういうの買う男性はほとんどいないんだろうけど。

とくに女性が悩まされる病気、花粉症、アトピー性皮膚炎、肩こり、腰痛、不眠、下痢、便秘。その原因は「冷え」にあるとこの本は言ってる。たしかに「冷え」が体によくないのは石原結實の本でも言ってる。たしかにそうなんだろう。免疫力の活性化には体を温めるのは大事っぽい。

で、いまどきの女性、たしかに冷える場にいざるを得ない場合が多い感じはする。とくに仕事を持ってる人。いや、外に職がなくたって、家事なんかでもなんでも。冬はもちろん、夏のクーラーなどなど。そういう症状が出やすいようだ、女性。

男性はどうかと思うと、鈍感になってるだけで、実は冷えているのでは。最近、また喫煙復活してしまい。タバコ吸うとてきめんに体が冷える。一度やめて、また吸い出したのでわかった。ずっと吸ってた頃はこういうことがわからなかったよ。

まあ、ぼくの話は置いといて。体を冷やす、とくに腸を冷やすのは良くない。腸には腸管免疫なんて言葉もあるくらい、免疫機能の重要な役割があるんだ。女性はアイスクリーム好きな人が多い。オリンピックで活躍したスケート選手にもそんな人がいた。競技場も冷えるのに、ふだんの生活でも中から冷やすなんて。意識してないんだろうけど。

健康に悪いことだから「やめらればいいのに」と思うんだけど。冷たくなくても甘いものとか。でも嗜好は人それぞれ。アイスとか甘いものは食べなくても平気だけどお酒はやめられない。同じことだね。

さて、この本。ほんとに女性向けなので。きちんと体を温める方法がパンツ、スパッツ、レッグウォーマーなど。実際に役立ちそうなアイテム紹介がいっぱい。ここが石原さんと違うとこだな。

風邪ひいた時はやっぱり自分の冷えをあらためて感じたので、タイツとかはきましたよ。意識してなかっただけで、ほんとは男性も冷えてるよ。実感。
posted by 3smallwords at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

『どんな病気も“冷え”を治せばいい』

どんな病気も“冷え”を治せばいい

これはかなりたくさん本を出してる、そして『おもいッきりテレビ』でもおなじみの石原結實の本だ。この人、本出し過ぎだよね。同じようなタイトルの本もありがちだし。でも、それだけ需要があるわけだし、なにかしらあるんでしょう、この人には。

東洋医学を基本とした考えがメインであらゆる病気(といったらおおげさか)の原因は冷えにあると言う。その”冷え”にもタイプがあって、そのタイプ別に対処法がある。この本で紹介されてるのは主に生姜湯、とか生姜紅茶とか食をメインにすえてある。中医学とか漢方でいう「証を見る」というやつだ。

人それぞれに体のタイプとか、それにともなう症状があり、それを見抜くのが「証を見る」ということだ。断言しちゃったけれども。多分そういうことだ(てきとー)。

西洋医学のほころびが見えて来てる今、こういうのに注目が集まるのも(すがるのも)自然な流れなのかも。普通に考えても、冷えれば毛細血管は収縮して血行が悪くなるし、血行が悪くなれば代謝もじゅうぶんには行われない。東洋医学だからといいて非科学的ではないのだよ。とかなんとか。これはぼくの意見。

とりあえず、ここで紹介される健康法は高価な(インチキ)キノコを摂れ!とかいうのではないし。日々の食生活に取り入れて悪いものでは決してないはず。

それはともかく。この本の装丁はひどい。イラストは最たるものだがタイトルも含め、まったくセンスがない。Amazonに画像がないのが残念だ。見ると買いたいと思わなくなるよ。
posted by 3smallwords at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 冷え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。