2010年10月08日

『マンガで教えて安保教授!病気にならない免疫学』

マンガで教えて安保教授!病気にならない免疫学久々に安保徹の本。今回はコミックです。

安保徹の本は一時期けっこう読んだのだけど、しばらくご無沙汰してました。安保先生の本はわりと食べ物の話とかではなく、生き方を変えないと!という感じがあります。大きな病気にかかるとけっこう生き方が変わるものと思えるのですが、けっこうそうではないんですよね。

あくせくしてないと落ち着かない人は、大病をわずらっても、それで仕事やめてもなぜかじっとしてられず学校に通ったり、習い事にせいを出したりするんですね。なにもしてないことができない人もいるんでしょうが、そんなに無理してどうするの?と思わずにいられません。

病気は「ちょっと休みなさいよ」というサインなんて言い方もあります。ある意味真理だと思います。

この本はいつもの安保理論などもわかりやすく書かれているのでとてもおすすめです。文字ばっかりの本は疲れるしなあ、最近。そんな意味でもコミックはありがたいですなあ。
posted by 3smallwords at 01:59| Comment(0) | 自律神経免疫療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。