2008年11月12日

『玄米せんせいの弁当箱 1』

玄米せんせいの弁当箱 1 (1) (ビッグコミックス)

これは最近お気に入りのコミック。大学の先生が主人公。学生相手にいろいろな食の話が繰り広げられます。

魚戸 おさむ先生はこの作品が始まる直前まで『イリヤッド~入矢堂見聞録』というまったくジャンルの異なる作品を書いていました。しばらく同じ作者だとは気づきませんでしたよ。はははは。

いま発売中の『ビッグコミックオリジナル』の最新のエピソードではいも煮会が紹介されてました。いも煮会とは東北地方で広く行われるもので、花見のように仲間で集まって楽しむ秋の恒例行事。野外で(おもに)里芋の入った鍋を作ってみんなで食べる、そんな感じ。ぼくも学生時代に参加しましたよ。同じいも煮とはいっても地方によって、入れる具材や味付けが異なり、それも楽しみのひとつ。ちょうど『いも煮』について最近調べたばかりだったので、より興味の持てるお話でした。

東北で広く行われるいも煮だけども、青森だけはないんだって。里芋の北限より北だから、ってことらしい。そうなの?


続きを読む
posted by 3smallwords at 03:14| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。